ホーム > 事業内容

事業内容

事業概要

都市部を中心として外来通院が難しい虚弱高齢者が急増する今後の日本において、地域包括ケアシステムの構築は国家的課題であり、中でも中核的役割を果たす「在宅医療」に関する研究教育環境の整備は喫緊の課題です。

東京大学では、研究・教育・臨床の3領域の活動を展開する医学部在宅医療学拠点を設置し、在宅医療に対応できる優れた人材の養成を行います。

運営体制

運営委員会

2015年4月時点

○ 宮園浩平(大学院医学系研究科長・医学部長)

○ 齊藤延人(医学部附属病院長)

○ 田中 栄(医学部附属病院副院長)

○ 南学正臣(医学部附属病院副院長)

○ 渡邉聡明(医学部附属病院副院長)

○ 秋下雅弘(医学部附属病院副院長)

○ 佐藤伸一(医学部附属病院副院長)

○ 笠井清登(医学部附属病院地域連携部長)

○ 岡 明 (大学院医学系研究科小児科学講座教授)

○ 山本則子(大学院医学系研究科臨床看護学講座教授)

○ 小見山智恵子(医学部附属病院看護部長)

○ 塩崎英司(医学部附属病院事務部長)

○ 飯島勝矢(高齢社会総合研究機構准教授)

スタッフ

2017年4月時点

山中 崇

  • 職名:特任准教授
  • 資格:医師
  • 研究分野:在宅医療、老年医学
  • 現在の研究課題:
    • 在宅医療における療養マネジメント
    • 在宅医療における栄養状態と予後
    • 高齢者における虚弱の進行過程
  • 一言:
    これまでの在宅医療現場での経験を活かし、医学生、研修医、かかりつけ医に対する教育を進めるとともに、研究を推進することにより在宅医療学の確立を目指したいと思います。

松本 佳子

  • 職名:特任研究員
  • 資格:看護師、保健師
  • 研究分野:健康社会学、在宅ケア
  • 現在の研究課題:
    • 高齢者の社会的資源とストレス対処力
    • 高齢者のヘルスリテラシー
    • 在宅医療・介護多職種連携

その他事務スタッフ

工藤 里美