ホーム > 教育

教育

段階別の臨床教育に取り組んでいます。

学部生

本実習は、地域の医療現場で東京大学医学部学生が実習するプログラムです。多職種の方々のご協力により構成され、平成25年度11月より開始しています。

<コース受け入れ目標数:50名>

<履修者数:54名(H25-26年度) 51名(H26ー27年度) 113名(H28年度)>

柏地域における診療参加型地域医療学実習

教育目標

高齢社会の到来とともに我が国の医療政策が問い直されており、医療・介護提供体制を今から大きく進化させていく時期に来ている。
そこで、早期医学教育の一環として、生活者でもある患者を中心とした地域医療の現場に触れることが必要である。
在宅医療・在宅ケアの現場に早期に触れることにより、地域を担っている様々な職種とその活動を知ることは、今後医師業務をスタートさせる中での「minimum requirement」として位置づけることが出来る。

指導体制

飯島勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構 教授)
山中 崇(東京大学大学院医学系研究科在宅医療学講座 特任准教授)
大西弘高(東京大学大学院医学系研究科 医学部教育国際研究センター 講師)
孫 大輔(東京大学大学院医学系研究科 医学部教育国際研究センター 講師)
*この他に、地域で在宅医療に携わる医師及び多職種からの指導を受ける。

学習目標

①在宅医療、訪問診療について説明できる
②診療外来と大学病院における診療の違いにつて列挙できる
③地域における医師、歯科医師、薬剤師、看護師、療法士(PT、OT、ST)、歯科衛生士、ケアマネジャー、ソーシャルワーカーの業務について説明できる
④地域包括ケアと地域での多職種協働について説明できる
⑤高齢者総合機能評価(CGA)を経験すると共に、その意義を述べることができる

実習期間:2週間

1週目 午前 オリエンテーション 訪問診療・外来実習 訪問診療・外来実習 訪問診療・外来実習 訪問診療・外来実習
午後
2週目 午前 訪問診療・外来実習 訪問診療・外来実習 訪問看護同行実習 ケアマネジャー・病院地域連携緩和ケアスタッフ同行実習 最終振り返り
午後
実習名 内容
オリエンテーション 全員 趣旨説明、目標設定、注意事項説明
訪問診療外来見学 1名ずつ 医師の訪問診療・外来見学、訪問診療医の診察ポイントの理解
先進的な在宅診療所の見学 3名ずつ 研修医・訪問看護師インタビュー、訪問診療・多職種同行・講義
ケアマネジャー同行 1名ずつ ケアマネジャー業務の見学、ケアプラン・主治医意見書作成、サービス担当者会議への参加、認定審査会見学
訪問看護同行 1名ずつ 訪問看護への同行、在宅医療における医師との連携状況のインタビュー、訪問看護師の観察ポイントの理解
病院地域連携緩和ケアスタッフ同行 2名ずつ 退院調整業務の見学、ケースカンファレンス・退院時共同指導への参加、緩和ケア病棟見学
振り返り 全員 模擬サービス担当者会議・レポート、実習内容の共有・振り返り

経験可能な医行為

具体的な医行為よりも、在宅医療も含めた地域医療の現場での臨場感、会議の場、在宅医療に関わる医師及び多職種の活動を間近で体験し、「在宅プライマリ・ケア」がどのように成り立っており、どのような多くの職種によって支えられているのか、さらには、いかに病院での医療と異なるのか等を肌で感じ習得する。

評価方法

レポート:振り返り発表用スライド、全体感想(A4用紙1枚)

  • 模擬サービス担当者会議

    模擬サービス担当者会議

    様々な問題を抱える高齢者のケースに多職種で取り組むことの意義を体感することが目的です。
    シナリオを用い、高齢者の模擬患者の問題点に対して学生に多職種の役割を分担してもらい、ディスカッションしています。

  • 最終振り返り

    最終振り返り

    Polypharmacyと高齢者の薬物治療の講義を行い、最終振り返りとして実習の感想、改善点を共有します。

大学院生

   

○ 大学院博士課程(医学)

東京大学医学部附属病院老年病科のプログラムの中に「研究人材養成コース(大学院生)」を設置しました。

「研究人材養成コース(大学院生)」を選択すると、学位取得を目指すことが可能です。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。


○ 大学院修士課程・博士課程(保健学)

東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻の講座と連携し、在宅医療に関する大学院教育を行います。

在宅医療の臨地実習、在宅医療学拠点で開催する抄読会や研究ミーティングへの参加、研究フィールドの紹介や研究指導を受けることができます。

<コースの受入れ目標数:5名  履修者数:5名(H28年度)>

卒後臨床研修(初期研修)

東京大学医学部附属病院卒後臨床研修プログラム(Bプログラム、Cプログラム)では、「地域医療重点オプション」が選択できます

「地域医療重点オプション」を選択すると、2年目に、下記の協力施設で、在宅医療の研修を行うことができます。

<地域医療(在宅医療)協力施設>

  • ふくろうクリニック等々力
  • 台東区立台東病院
  • 水道橋東口クリニック
  • ホームクリニック柏(千葉県)
  • 新宿ヒロクリニック
  • 柳原病院
  • 祐ホームクリニック
  • 祐ホームクリニック平和台
  • 祐ホームクリニック吾妻橋

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

<コースの受入れ目標数:5名  履修者数:7名(H28年度)>

専門研修(後期研修)

東京大学医学部附属病院老年病科のプログラムの中に「専門研修プログラム 在宅医療インテンシブコース(後期研修医)」を設置しました。

臨床のエキスパートを目指す方には、「専門研修プログラム在宅医療インテンシブコース(後期研修医)」を選択すると2種類のコースから一方を選んでいただくことになります(①1年目:研修協力診療所・2年目:東大病院、②1年目:研修協力診療所・2年目:研修協力病院)。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

<コースの受入れ目標数:5名  履修者数:5名(H28年度)>

開業医及び多職種

本学高齢社会総合研究機構、国立長寿医療研究センター等との連携により開発した「在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会」のプログラムについて、広く全国に資料を提供し活用いただくとともに、各地からの要請に応じて開催支援を行っています。

千葉県柏市等では、本研修会が継続的に開催され、「かかりつけ医の在宅医療参入の動機付け」や「市町村を単位とする多職種チームビルディングの促進」に寄与しています。