実績

開催実績

2015年度

  開催日
神奈川県川崎市 2016年2月21日
沖縄県浦添市 第5回 2016年2月7日
栃木県栃木市 第1回 2015年12月13日 2016年1月24日
東京都北区 第4回 2015年11月14日 12月20日
東京都国分寺市 2015年11月29日
神奈川県横須賀市 第3回 2015年11月1日
東京都稲城市 第1回 2015年10月31日 11月21日
新潟県柏崎市
認知症ケア多職種協働研修 第3回
2015年10月27日 11月10日
東京都清瀬市 第1回 2015年10月10日
滋賀県 第3回 2015年10月4日
沖縄県浦添市 第4回 2015年9月27日
東京都医師会 第2回 2015年9月27日
千葉県柏市 第7回 2015年9月13日 10月18日
東京都北区 第3回 2015年5月16日 6月21日

2014年度

  開催日
東京都日野市 第1回 2015年3月28日
北多摩医師会 第2回 2015年3月22日
沖縄県浦添市 第3回 2015年3月15日
神奈川県横須賀市 第2回 2015年3月8日
東京都渋谷区 第1回 2015年2月8日
徳島県徳島市 第1回 2015年2月1日
東京都武蔵村山市 第1回 2015年1月7日 2月15日
北多摩医師会 第1回 2014年12月21日
新潟県柏崎市 認知症ケア多職種協働研修 1回目:2014年10月14日・28日 2回目:2014年12月2日・16日
千葉県柏市 第6回 2014年9月28日、10月19日
滋賀県 第2回 2014年9月21日
東京都医師会 第1回 2014年9月7日
東京都北区 第2回 2014年7月13日 9月21日 10月19日 11月16日 12月14日 
2015年1月18日

2013年度

  開催日
東京都町田市 第1回 2014年3月15日、16日
沖縄県浦添市 第2回 2014年3月9日
神奈川県横須賀市 第1回 2014年3月9日
千葉県柏市 第5回 2014年2月23日、3月16日
奈良県大和高田市 第1回 2014年2月1日、2月27日、3月13日
東京都大田区 第2回 2013年12月14日、2014年1月11日、4月19日
千葉県柏市 フォローアップ研修 2013年10月23日、11月7日、11月21日
滋賀県 第1回 2013年10月5日、11月3日、11月10日
東京都北区 第1回 2013年9月29日、11月30日、2014年1月19日、2月15日、4月27日
千葉県柏市 第4回 2013年6月8、9日
大阪府大阪市東淀川区 第1回 2013年5月25日

2012年度

  開催日
沖縄県浦添市 第1回 2013年3月10日
東京都大田区大森地区 第1回 2012年12月15日、22日、2013年2月23日
千葉県柏市 第3回 2013年1月26日、27日
千葉県松戸市 第1回 2012年12月1日、2日

2011年度

  開催日
千葉県柏市 第2回 (動機付けコース) 2012年3月25日、4月22日
千葉県柏市 第1回 (柏試行プログラム) 2011年5月21日~10月1日

発表実績

講演


雑誌論文

  • 吉江悟, 西永正典, 川越正平, 平原佐斗司, 藤田伸輔, 苛原実, 安西順子, 小野沢滋, 大石善也, 鈴木央, 沼田美幸, 片山史絵, 村山洋史, 土屋瑠見子, 木全真理, 柴崎孝二, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2012). 開業医及び多職種を対象とした在宅医療研修の試行及び評価: 千葉県柏市における在宅医療推進の取り組み. 癌と化学療法 39(Suppl.I), 80-85.

その他文章

  • 松本佳子, 吉江悟, 飯島勝矢, 辻哲夫. (2016). 多職種連携研修を通じてのチームビルディング:各地の取組みから学ぶもの 1)在宅医療多職種研修とその広域展開の戦略. Geriatric Medicine, 54(6), 585-589.
  • 山中崇, 松本佳子. (2016). 地域における多職種教育「在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会」および「地域医療学実習」. 病院, 75(4),284-288.
  • 吉江悟, 松本佳子, 土屋瑠見子, 飯島勝矢, 辻哲夫. (2015). 在宅医療多職種研修とその効果. カレントテラピー, 30(2), 80-86.
  • 吉江悟, 土屋瑠見子, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2013.8). 在宅医療を担う人材を「地域」で養成する. 公衆衛生情報, 6-7.
  • 吉江悟, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2013). 地域包括ケアシステムをどう作るか: 柏市における取り組みの現状と展望. ホスピス・緩和ケア白書2013, 24-27.
    地域包括ケアシステムをどう作るか: 柏市における取り組みの現状と展望≫
  • 吉江悟, 飯島勝矢 (2013 .1.7). 特集2025年の医療と介護: 超高齢社会対応の「助走地点」としての2013年. 週刊医学界新聞
    超高齢社会対応の「助走地点」としての2013年≫

学会発表

  • 吉江悟, 松本佳子. (2016.8.20). 多職種研修を入口にした地域単位の在宅医療・介護連携推進. ミニシンポジウム「研究機関がしかける多職種連携―柏市多職種連携研修会とTOHOいえラボプロジェクト」第20回日本看護管理学会学術集会, 横浜.
  • 松本佳子, 吉江悟, 土屋瑠見子, 川越正平, 平原佐斗司, 山中崇, 飯島勝矢,辻哲夫. (2016.7.16). 在宅医療多職種連携研修会受講者の在宅医療への意識および連携活動の変化:職種別の検討. 第18回日本在宅医学会大会, 東京.
  • Matsumoto Y, Yoshie S, Tsuchiya R, Kawagoe S, Hirahara S, Yamanaka T, Iijima K, Tsuji T. (2015.11.20). Development of Homecare Interdisciplinary Team Training Program for Health Care Professionals in Japan: Evaluation of the Effects of One Year after the Program. The Gerontological Society of America 2015, Orland, Florida.
  • 吉江悟, 松本佳子, 土屋瑠見子, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 山中崇, 飯島勝矢,辻哲夫. (2015.11.5). 在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会 開業医の受講1年後の診療報酬算定状況. 第74回日本公衆衛生学会総会, 長崎.
  • 松本佳子, 吉江悟, 土屋瑠見子, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 山中崇, 飯島勝矢,辻哲夫. (2015.11.5). 在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会 受講者の職種間連携活動の変化. 第74回日本公衆衛生学会総会, 長崎.
  • 飯島勝矢, 吉江悟, 松本佳子,土屋瑠見子, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 山中崇, 辻哲夫. (2015.11.5). 在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会 受講者の反応および意識・知識・実践の変化. 第74回日本公衆衛生学会総会, 長崎.
  • 土屋瑠見子, 吉江悟, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 村山洋史, 西永正典, 成瀬昂, 永田智子, 飯島勝矢, 辻哲夫. (2014.11.29-30). 開業医・他職種との協働に対する意識と在宅医療への自信との関連: 在宅医療推進多職種連携研修会参加者における検討. 第19回日本在宅ケア学会学術集会, 福岡.
  • 吉江悟, 土屋瑠見子, 飯島勝矢, 辻哲夫, 三浦久幸, 鳥羽研二, 大島伸一 (2014.11.6). 地域における在宅医療介護連携推進のための多職種研修会の普及に向けた汎用構造の検討. 第73回日本公衆衛生学会総会, 宇都宮.
  • 吉江悟, 土屋瑠見子, 西永正典, 川越正平, 平原佐斗司, 藤田伸輔, 大西弘高, 多職種連携プログラム作成委員会, 村山洋史, 木全真理, 柴崎孝二, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2013.3.31). 市町村単位の在宅医療多職種連携研修会を受講した開業医の意識変化: 8.0日版と2.5日版の比較を含めた検討. 第15回日本在宅医学会大会, 松山.
  • 土屋瑠見子, 吉江悟, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 多職種連携プログラム作成委員会, 村山洋史, 木全真理, 柴崎孝二, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2013.3.31). 市町村単位の在宅医療多職種連携研修会を受講した多職種の意識変化. 第15回日本在宅医学会大会, 松山.
  • 川越正平 (2013.3.30). 在宅医療の風. どうすれば開業医が在宅医療に参入できるか?~在宅医要請と都市部・町村部の医療連携の取り組み~(シンポジウム). 第15回日本在宅医学会大会, 松山.
  • 吉江悟, 西永正典, 川越正平, 平原佐斗司, 藤田伸輔, 多職種連携プログラム作成委員会, 村山洋史, 土屋瑠見子, 木全真理, 柴崎孝二, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2012.6.30). 開業医及び多職種を対象とした在宅医療研修の試行及び評価: 千葉県柏市における在宅医療推進の取り組み. 第23回日本在宅医療学会学術集会, 横浜.
  • 川越正平 (2012.6.22). 診療所医師への基本教育~東大柏プロジェクト:開業医向け在宅医療導入研修プログラム~. 第18回日本緩和医療学会学術大会, 神戸.

受賞

  • 吉江悟, 土屋瑠見子, 西永正典, 川越正平, 平原佐斗司, 藤田伸輔, 大西弘高, 多職種連携プログラム作成委員会, 村山洋史, 木全真理, 柴崎孝二, 飯島勝矢, 辻哲夫 (2013). 第15回日本在宅医学会大会 佐藤智賞(演題名: 市町村単位の在宅医療多職種連携研修会を受講した開業医の意識変化: 8.0日版と2.5日版の比較を含めた検討).